加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

年齢を重ねるたびに顔にできてしまうシワ。

 

目元や口元など、できてしまったシワを消すのはそう簡単なことではありません。

 

今すぐ実践できるコスメテクニックを使って、シワのない若々しい顔をめざしましょう。
シワができてしまって老けた印象になる原因は、凹凸が影を作り顔に疲れた印象を与えてしまうためです。

 

つるっとした卵のような肌が若々しいのは、光を反射するようであるからです。

 

ここで使うコスメテクニック、まずカラーコントロール下地に注目してみましょう。
カラーコントロール下地とはその名の通り、肌の色むらを均一に、血色の悪さや赤みを調整してくれるベースになります。

 

ファンデーションの前に使用しますが、肌の凹凸が気になる場合は特にパールタイプのものを思い切って使ってみましょう。

 

パールの成分が光を拡散して影を目立たなくしてくれると同時に若々しい印象を与えてくれる効果もあります。
ハリを与える成分が配合されたものを使うのもいいでしょう。

 

そして、特に気を付けていただきたいのは粉っぽくしないということです。

 

パウダーファンデーションをお使いの方はぜひ、リキッドやクリームタイプに変えてみましょう。

 

これだけでメイク後時間が経ったときに、ファンデーションがシワの間に入り込んでしまうということも少なくなるはずです。
また、艶やかな肌質を表現することが、しわを目立たなくするコスメテクニックでは最も重要なことです。

 

しかし、リキッドタイプのファンデーションを使うとどうしてもテカってしまいますので、ルースパウダーを使うことが必須です。

 

しかし、ここでもやはり肌に潤いを与える成分が配合されたものや、パールタイプのものを選んでください。
ここでお伝えしたコスメテクニックはあくまでできてしまったものに対する対処法です。

 

シワの原因は加齢もそうですが、乾燥がおおきな要因となっていることがあります。

 

保湿や紫外線対策を心がけ、つるっとした肌を目指して日々お手入れをしていくことも大切です。