加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

美肌やアンチエイジングを考えた際の化粧品選びで、ビタミンCが配合されたものを選びたいと考える人は多いでしょう。

 

肌の老化の原因となる事の一つに活性酸素があります。

 

活性酸素は、呼吸で体内に入った酸素が栄養素と結び付き、エネルギーを生み出す際にできるもので、発生すると周囲の細胞を酸化させていってしまいます。

 

細胞が酸化すると、その機能が低下し、老化や病気等に繋がっていきます。

 

ビタミンCには、この活性酸素の働きを無害化する事が出来る抗酸化作用があり、いつまでも若くいたい時に最適と高い注目を集めてます。

 

更に、ビタミンCにはシミの原因となる、メラニン色素の発生を抑えるだけでなく、メラニン色素を薄くしていく働きもあり、シミのない綺麗で若々しい肌になりたい時にも有効です。

 

ですから、いつまでも美しい肌でいたいと考えた際、ビタミンCが配合された化粧品を選ぶ人は少なくありません。

 

ですが、同時に、もうひとつ注目をしておきたい成分が、ビタミンEです。

 

ビタミンEにも高い抗酸化作用があり、活性酸素を抑えたいと考えた時に有効な成分です。
更に、血液の流れを良くする効果もあります。

 

肌を若々しく保ちたいと考えた場合、欠かせないのが新陳代謝です。

 

血行が悪くなっていると、肌細胞に上手く栄養が送り込まれず、新陳代謝が落ちてしまう原因となってしまいます。

 

それに対して、血行の良い状態を作れば、それにより肌細胞にしっかりと栄養を届け、新陳代謝を活発にしていく事が出来ます。

 

新陳代謝が活発になると、色素沈着や毛穴のつまりなどの肌トラブルが改善されやすい状態となります。

 

それにより、綺麗で若々しい肌へと変わっていく事になります。

 

化粧品を選ぶ際、ビタミンCが配合されているか気にする人は少なくないでしょう。

 

ですが、同時に、ビタミンE誘導体等、ビタミンEが含まれているかどうかも意識しておく事がお勧めです。

 

それにより、化粧品で、アンチエイジングや美肌効果を得やすい状態を作る事が出来ます。