加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

肌質の中でも若い方中心に多いのがオイリータイプと呼ばれる脂性肌はニキビやふきでものなどの多くの肌トラブルを引き起こしてしまう可能性がある肌タイプです。

 

人の肌は皮脂腺から脂を、汗腺から汗を分泌してそれが角質表面で混ざり合い、天然のクリームを作り出しています。

 

この天然のクリームが肌をさまざまな刺激や乾燥から守っているのですが、脂の分泌が過剰になり過ぎると炎症を起こしてしまい、ニキビの原因になったり、赤く炎症して凹凸のクレーター肌などの肌トラブルの原因にもなってしまうのです。
若いうちは皮脂の分泌が活発である程度、脂性肌になってしまうのは仕方がないことで年齢を重ねるうちに落ち着いてきます。

ただし大人になってからの脂性肌に関しては実はインナードライという角質層の乾燥などもはらんでいてさまざま肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。
大人になってからのオイリー肌は生活習慣によるところも多く、外食が続いたり、揚げ物などを好んで食べることによっても引き起こされてしまいます。
オイリー肌のスキンケアとして大事なことはあまり脱脂力の強い洗顔料を使わないということです。

 

脱脂力の強い洗顔料を使うと皮脂を取りすぎてしまい、肌は脂の不足を感じてより多くの脂を分泌してしまいますます脂性肌に傾いてしまうからです。

 

このような肌は表面はオイリーでも内側は乾燥しているインナードライになってしまい、シミやシワなどの肌トラブルを引き起こしてしまいますから要注意です。

 

あくまでも洗顔料はマイルドなものにして、保湿材をさっぱりタイプのものにしたりオイルの含有量が少なく、ヒアルロン酸などの保湿成分がたっぷり入ったものを使うのが良いでしょう。

 

脂性肌はベタつくので保湿は必要ないように感じてしまいますが、実はそうではなく肌の内側は乾燥している可能性もあるということを考えて、しっかりと保湿しながらスキンケアすることが大事です。