加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

ホクロはビューティースポットとも呼ばれ、スペインのフラメンコを踊る女性はメイクでホクロを書くこともあるそうです。

 

ですが、顔のどの位置にあるかによっては鏡を見るたびにそこにばかり目がゆき、それが長年積み重なっていくことで大きなコンプレックスになってしまうこともあります。

 

大きく盛り上がったものならばなおさら、目立たなくしたいと試行錯誤される気持ちもわかります。

 

気になるホクロを目立たなくするコスメテクニックで、今すぐ自信を取り戻しましょう。
まず、ホクロの色を目立たなくするにはコンシーラーを使います。

 

ここでのコスメテクニックは、なんといっても丁寧にコンシーラーをなじませていくことです。

 

色は明るいものから暗いものまで用意しておくと、自分の肌色に合った色を表現できます。

 

黒い色にいくら白い色を乗せても綺麗には消えてくれません。

 

まずはベースメイクを通常通り行います。次に、コンシーラーの自分の肌色よりもワントーン濃い色をポンポンとのせていきましょう。
盛り上がりの境目などは小さめの化粧筆を使うとうまくいきます。

 

鏡を遠目に見て色むらがあるようなら、次は肌と同じトーンのコンシーラーも乗せます。

 

余分な油分をティッシュオフしてから、仕上げにパウダーファンデーションかルースパウダーをはたきます。

 

スポンジで塗るようにするとよれてしまいますので、はたくように軽いタッチでのせていきましょう。

 

この時、光を拡散して凹凸を目立たなくする効果のあるパウダーを使うと効果が上がります。

 

おでこやほほなど、ハイライトを使える部分ならばパールが入ったものを使うのもコスメテクニックの一つです。

 

自分では気になるホクロも顔の小さな一部分であり、ほかのチャームポイントを目立たせることで目をそらせることもできます。

 

まずは自分の顔をよく観察し、お伝えしたコスメテクニックにトライしてから、さらに個性を伸ばせるように日々メイクを楽しんでいきましょう。