加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

ハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われ、化粧品や医療機関の施術で利用されている成分です。
その作用は、チロシナーゼ酵素の活性やメラニンの合成を抑制し、できてしまったメラニン色素を薄くするなどがあります。
チロシナーゼ酵素は、メラニン色素を作り出す酸化酵素のことで、この酵素を抑えることでメラニン色素を抑制できるので、シミのない美白肌をつくることが可能です。

 

ビタミンCやプラセンタなども美白効果があり、シミ予防に有効ですが、ハイドロキノンはシミの予防だけではなく、皮膚に沈着したメラニン色素にも働きかけるため、シミを改善することができます。

 

ハイドロキノンは、メラノサイトがある表皮から基底層にある種類のシミに効果を発揮するため、加齢や紫外線によってできる輪郭がはっきりした茶色のシミである老人性色素沈着や女性ホルモンの影響で両側の頬周辺にできる肝斑、ニキビ跡ややけど、アトピー性皮膚炎などによる色素沈着や外傷による炎症後色素沈着、鼻を中心に、頬や目の周りにできる茶色の細かいしみであるそばかすなどは改善することができます。

 

ハイドロキノンの持つ美白効果は、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸などの美白成分の10倍から100倍もあると言われ非常に効果的ですが、高濃度であれば、炎症などの肌トラブルを引き起こすリスクもあるので、使用には注意が必要です。

 

日本では2001年に規制緩和によって化粧品への配合が認められましたが、高濃度の化粧品を使用すると、炎症やかぶれ、皮膚の色が白く抜けてしまう白斑になる恐れがあるため、化粧品として利用する場合は低濃度のものを使用して時間をかけてケアする必要があります。

 

シミがひどい場合は、ハイドロキノンを使用した皮膚科治療もあります。
濃度が4%以上になると医師の処方が必要となります。
ハイドロキノンによるシミ治療は、フォトRFやケミカルピーリング、トレチノインなどと併用するとより効果的です。