加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

乾燥肌は日常生活における肌トラブルとして代表的な種類であり、皮膚の表面がカサカサしたり痒み・ひび割れなどを伴う事例が多い傾向にあります。

 

放置しておいた場合には肌荒れや炎症といった重度の肌トラブルとして慢性化しやすく、日常的なケアで発症率の低下を目指すのが望ましいと言えます。

 

肌トラブルの発生する原因には個人差があるものの、食生活や睡眠・ストレスを始めとした生活習慣が引き金となる他に、間違ったスキンケアが原因を作り出している状況も考えられます。

 

まず、健康な肌状態においては角質層の細胞間にあるセラミドが水分を維持しており、皮膚表面を覆っている皮脂膜の働きで蒸発を防いでいます。

 

 

しかし、外気の急激な乾燥や加齢などの要因によりこれらのバランスが崩れると、肌の水分を維持する事が困難となり乾燥肌に陥るリスクが高まってきます。

 

皮膚の表面へ分泌される皮脂は水分の蒸発を防ぐのに欠かせない存在となる反面で、過剰に蓄積されるとニキビができやすくなる為、適切な洗顔により調整する必要性が生じます。

 

この時に必要な分の皮脂まで落としてしまうと、細胞が乾燥を感知して皮脂の分泌量を増加させる可能性を高めると同時に水分が短時間で蒸発してしまい、乾燥肌を引き起こす状況も想定されます。

 

よって、皮脂の量は多すぎても少なすぎても肌トラブルへ繋がってくる要素なので、自身の肌質を十分に理解して適度なバランスの保てる洗顔方法を身に付ける事が解決策の1つとなります。
具体的な乾燥肌の対策方法として、皮脂の分泌量が多い箇所と少ない箇所で別々に洗顔を行う手法が挙げられ、鼻周りは皮脂が多めなのでしっかりと洗い落としておき、顎や首回りに関しては洗いすぎに注意が必要です。

 

洗い流す際は刺激の少ないぬるま湯を用いるのも効果的で、強い力を加えると肌トラブルの原因になるので泡をうまく活用する選択が有効となります。

 

また、背中やお尻など皮脂の分泌量が少ない箇所にニキビや肌荒れが生じる場合は、乾燥肌が原因となっている可能性が高い事から、十分な保湿ケアを施しておくと改善を見込めます。