加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

肌がなんとなく乾燥してきた、小じわが目立ってきたという方は保湿性の高い化粧品を使われます。
ヒアルロン酸やコラーゲンなど多くの保湿成分がありますが、そうした成分の化粧品を使ってもなかなか乾燥が解消しないときは細胞間脂質がダメージを受けている可能性があります。

 

細胞間脂質は細胞と細胞をつないでいるみずみずしい物質ですが、この細胞間脂質が枯渇してダメージを受けると、いくらヒアルロン酸などの保湿成分入の化粧品を使ってもなかなか改善しないのです。
細胞間脂質にはセラミドという成分が含まれていて、この成分が細胞同士を柔らかくくっつけて摩擦を避けるクッションのような働きをしています。

 

この成分は弾力があり、高い水分保持力があるので、セラミドがじゅうぶん満ちている素肌は柔らかく弾力があり、みずみずしいのです。
ただしこの成分は年齢を重ねるほど少なくなっていきます。
また紫外線や乾いた大気、ストレスなどさまざまな原因でダメージを受けて減少し肌はますます乾燥していってしまうのです。
1番の解決法はセラミドを化粧品として肌に補給することです。

 

この成分を含んだ化粧品は数多く出ており、化粧水や乳液の他に、美容液でも見ることができます。
ただしセラミドは水分保持能力は大変高いのですが、肌にのせてもどんどん気化して行ってしまい肌にとどまる力は弱いのです。
そのためこの成分のコスメを使ったあとはオリーブオイルやスクワランオイルのようなオイル美容液を使って肌に薄いバリヤーを張り、この成分の気化を防止することが必要です。
このようなケアを行うことでセラミドを肌の中にとどめて細胞間脂質を潤いで満たすことができるのです。

 

肌の乾燥が気になったとき、ヒアルロン酸やコラーゲンだけでなく細胞間脂質にあるセラミドを補給することを心がけるだけで肌の潤いは回復して、乾燥だけでなくくすみやしわなどさまざまな肌トラブルの対策をとることが出来るでしょう。