加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

年齢を重ねると、若い頃と同じメイクをしていても、きれいに見えないことがあります。

 

肌はどんなに気をつけていても老化が進んでいるので、年齢に合ったメイクをしていないと、老けてしまうことがあるのです。

 

30代を過ぎると、10代?20代とは違って肌への刺激はなるべく避けるようにしなければなりません。

 

特に、肌の水分を守るように、乾燥しないことを心がけましょう。

 

洗顔はなるべく水だけで行い、洗顔料を使う場合でも、石鹸など低刺激のものにすることが大切です。

 

こすり洗いなどはせずに、泡を肌にのせるように洗うようにします。

 

肌を若々しく保つためには、スキンケアをしすぎないことが重要なのです。

 

その分、化粧水やクリームなどで、しっかりと水分補給と保湿をしてあげましょう。

 

どんなに若く見えるコスメテクニックを使っても、肌自体をケアしてあげないと、メイクのりも悪くなってしまいます。

 

若く見えるコスメテクニックとして実践してほしいのが、ベースメイクを軽くすることです。

 

30代を過ぎると、毛穴のたるみや開き、シミなどが目立ってくるため、隠す為にコンシーラーやファンデーションなどを、厚く塗ってしまうことがあります。

 

しかし、ファンデーションを厚く塗ると、いかにも化粧をしている印象がついてしまい、余計に老けて見えてしまうのです。

 

コスメテクニックとして、ファンデーションはパウダーではなく、リキッドやクリームタイプを使うとよいでしょう。

 

年齢とともに、肌は乾燥しやすくなっているので、パウダーでは肌の水分が奪われてしまいます。

 

顔の中心をメインに、薄くのばしていき、塗りすぎないことです。

 

ファンデーションが塗り終わったら、フェイスパウダーをブラシで薄く肌にのせます。

 

スポンジではなくブラシを使うことで、余計なパウダーを取り除くことができるので、自然な仕上がりになるのです。

 

厚塗りをしないことと、欠点を隠しすぎないことが、若く見えるコスメテクニックといえるでしょう。