加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

肌は約28日周期でターンオーバーを繰り返しています。

 

ターンオーバーとは、肌表面の表皮が、新陳代謝により新しく作られていくことで、古い表皮が角質となり、垢として剥がれ落ちて、肌が生まれ変わることをいいます。

 

正しくターンオーバーがされていることで、肌内部を守り、肌を美しい状態に保っているのです。

 

しかし、間違ったスキンケアを続けていると、さまざまな肌トラブルが起きてしまい、周期が早まってしまうことがあります。

 

周期が早まると肌をしっかりと守ることができないため、乾燥やニキビ肌などの肌トラブルを、さらに引き起こしてしまうのです。

 

肌トラブルを気にして、一日に何度も洗顔をしたり、こすり洗いをする方もいらっしゃいますが、スキンケアのつもりが、余計に肌トラブルを悪化させる原因になっていることがあるのです。

 

洗顔をしすぎると、肌の大切な脂分までも落としてしまい、肌を守る役目の表皮を傷つけてしまいます。

 

そうすると、肌を守ろうと過剰に脂を分泌して、ニキビ肌が悪化したり、乾燥が進んでいくことになります。

 

また、ニキビ肌の方は脂性肌だと思っている方もいますが、実はインナードライという状態かもしれません。

 

インナードライは、肌内部が乾燥していることが原因で、表面は脂が出ているように見えても、水分がないため、ニキビなどの肌トラブルが起きてしまうのです。
肌を正常に保つには、肌に刺激を与えないことが大切です。汗や汚れなどは水だけでも十分に落ちるので、洗顔料などで頻繁に洗わなくても大丈夫です。

 

朝は水だけで洗顔して、夜は低刺激な石鹸などで、手早く洗うようにしましょう。

 

洗顔の時も泡をしっかりと立てて、肌を包み込むように優しく洗って、こすり洗いはせずに指で軽く円を描くようにします。

 

洗い残しがあると、ニキビの元になりかねませんので、きちんと20回程度は洗うようにしましょう。

 

洗顔が終わったらすぐに化粧水やクリームで保湿してあげるとよいですね。

 

にきびをお家で何とか治したいっていう人には、このサイトが参考になりますよ
⇒ ニキビを家で治すりさーち | ニキビを1ヶ月で治すプログラムとは?