加齢、光老化、肌質による肌トラブルについて

MENU

 

ニキビや吹き出物は若い頃だけのものではありません。

 

年齢を重ねた大人肌でも多くの方がこうした肌トラブルに悩まされています。

 

ニキビができてしまっても、メイクをして会社に行かなければならないのが大人の辛いところです。

 

しかし、油分の多いファンデーションでは皮脂腺をつまらせて吹き出物を悪化させてしまう可能性がありますので要注意です。
そんな時にはコスメテクニックで吹き出物を悪化せずに目立たなくするコツがあります。

 

吹き出物を目立たなくするメイクテクニックの一つがコンシーラーです。

 

コンシーラーはファンデーションほど油分が多くなく、ピンポイントで赤味を目立たなくすることができるので、マットな肌の印象に仕上げることができるのです。

 

ファンデーションの厚塗りで吹き出物の赤味を消すと全体的に厚化粧の印象になってしまいますが、コンシーラーの部分使いをするコスメテクニックをすることによりニキビの赤味を消しながら素肌感のあるメイクができるのです。

 

余りにも吹き出物がひどい時は思い切って油分の多いファンデーションを使うのをやめて、コンシーラーの後にルースパウダーを使うというコスメテクニックもあります。

 

ルースパウダーはミネラル中心でできていて油分をほとんど含まないので皮脂をふさがずに吹き出物の悪化を防ぐことが出来るでしょう。
またニキビ肌スキンケアのコスメテクニックとして注目したいのが洗顔料の選び方です。

 

あまりに脱脂力の強い洗顔料だと皮脂を奪いすぎ、肌が皮脂が足りないと誤解してよりオイリーになってしまうからです。

 

マイルドで脱脂力の強すぎない洗顔料を使うことで吹き出物を悪化させずに済むのです。

 

また洗顔時のゴシゴシとした圧力も吹き出物には禁物です。

 

泡立ち豊かなもので、ふんわりと刺激を与えずに洗いあげましょう。
このようなコスメテクニックを使うことでニキビを悪化させずにセルフケアで目立たなくしてマットな素肌を演出することができるようになります。